シックハウス症候群
シックハウス症候群(しっくはうす しょうこうぐん)は、建築用語・または症候の一つ。新築の住居などで起こる、倦怠感・めまい・頭痛・湿疹・のどの痛みなどと言った呼吸器疾患などの症状を伴うとされる。
概要  
これらの問題は、生活の基礎となる住宅が原因であるため、家という大きな買い物をした人にとっては深刻な問題となりやすい。特に原因が判らない時代には、自宅療養して問題が更に大きくなるケースも見られたとされる。
この症状を含む症候では、家屋など建物の建設や家具製造の際に利用される接着剤や塗料などに含まれる有機溶剤や、木材を昆虫やシロアリといった生物からの食害から守る防腐剤、またはそれに類する以下の揮発性有機化合物(VOC)に影響されているものと考えられている。
またシロアリ等の害虫駆除などによる殺虫剤の影響である場合も報告されている。
これらは近年の住宅が特に、冷暖房効率を向上させるため、気密性に優れている事から換気が不十分で悪化しやすいとされ、また昭和30年前後から始まった高度経済成長期の住宅建材の大量需要に併せて木目を紙に印刷して木材のように見せるプリント合板に代表される新建材等が盛んに現代建築に用いられ、これらが既に欠く事が出来ない要素であるために、1990年代より問題視されるようになってきた。1980年代には、既にこれに該当すると思われる症例も報告されていたが、この頃には原因不明とされ、自宅療養などで更に症状が悪化するなどのケースもあった模様である。また同種の問題が新築のビルやマンション、また病院などでも起きていたケースもあり、1990年代になって原因がはっきりしてくると、次第に社会問題となっていった。
これは化学物質過敏症の一種とされ、原因物質を生活環境から減らすために、充分な換気や居住環境の改善が望まれる。また特に近年では、これら原因物質を含まない建材や接着剤・塗料も開発・発売されており、建築業界でも積極的にこれらの製品を取り入れる動きもある
記事は
フリー百科事典『ウィキペディア』
より引用