漆喰(しっくい)塗料「しっくのん」・・・施工方法

クロスの上からローラーで塗れる簡単漆喰。 既存住宅の壁や天井などのリフォームが簡単。

    伊藤建材トップ >> 取扱い商品 >> しっくのん >> 施工方法

  主な道具

 ● ローラー
 ● 刷 毛
 ● 養生テープ(マスキングテープ・マスカー)
 ● バケット

※アルミ製の道具はアルカリと 反応するため使用できません。 ※ローラーは中毛の毛丈13mmで、高粘土塗料用をご使用下さい。
塗る漆喰画像1
       

  下地処理

[適応下地]

● 石膏ボード、コンクリート、モルタル、合成樹脂ペイント、紙クロス、ビニールクロス、合成樹脂ペイントクロス下地
 につきましては、その種類や状態により塗布できないものもあります。
● クロスを剥がした上に塗装する場合は、クロスの裏地まで剥がしてください。
● ベニア下地は、アクが出るため塗布できません。

[下地処理]

● 塗料が付着すると困る部分は、マスキングテープ、マスカー(ビニールテープ付き養生テープ)新聞紙で覆います。
● また、塗装面の汚れ(油分・手垢・ホコリなど)は、充分に落としてください。塗料が接着しにくくなったり、汚れが
 と塗膜に浮き出てくる可能性があります。

※希釈について
(基本的に無希釈で使用します。ただし、気象条件等で塗りにくいときは、1〜2%の水で希釈してください。
 希釈しすぎると下地の隠蔽性が低下したり、色ムラの原因となりますので注意してください。 )
*酷暑や直射日光で塗料の乾燥が極端に早い場合。
*極寒時に塗料の粘性が高くなって塗りにくい場合。
塗る漆喰画像2
      境界部分をマスキング-1

塗る漆喰画像3
      境界部分をマスキング-2

  塗  装

● 下地が完全に乾燥しているか確認します。


● 容器を開けかき混ぜます。(撹拌機、もしくはお菓子作りに使用するハンドミキサーを使用するとよく撹拌できます。)


● 塗料をバケットに移します。


● ローラー、刷毛に付いた余分な塗料はバケットで落とします。


● 先ず、ローラーの届かないところ(隅など)を刷毛で塗ります。


● 刷毛を使用する部分は出来るだけ少なくし、なるべくローラーで塗り込んでいきます。



● ローラーで塗り伸ばす際は、力を入れて搾り出すような塗り方は避けて、軽く無理なく伸ばせる程度でOKです。
塗る漆喰画像4
          塗り・刷毛

塗る漆喰画像5
      まず刷毛で隅の方を塗る
塗る漆喰画像6

* しっくのんは2回塗りで仕上げます。
(間隔は気象条件にもよりますが、吸水性の大きい下地では3時間以上、吸水性の小さい下地では6時間以上取ってください。)
※ 施工写真は「しっくのん」をビニールクロスの上に塗った時のものです。
 

  注意点

[施工上の注意点]

● 厚塗りはひび割れの原因となりますので控えてください。
● 重ね塗りをする場合は、下地が完全に乾燥しているのを確認してから施工してください。
 (気象条件等により異なりますが、石膏ボード等の吸水性の大きい下地では3時間以上、 合成樹脂ペイント・ビニールクロス等の
 吸水性の小さい下地では6時間以上間隔を空けて施工してください。)
● 使用後の道具は、使用後速やかに水で洗浄して下さい。塗料が付いたまま長時間放置すると、塗料が取れにくくなります。

[安全・衛生上の注意点]

● 作業をする際には十分に換気を行ってください。
● 施工の際には出来るだけ皮膚に触れないようにし、必要に応じて手袋・保護メガネ・保護マスク等を着用して下さい。
● 皮膚に付着した際には、水でよく洗い流し、痛みや外傷等が生じた場合には医師の診断を受けて下さい。
● 誤って目に入った場合は、速やかに大量の水でよく洗い流し、専門医の診断を受けて下さい。
● 誤飲しないよう注意してください。
● 凍結の恐れのある場所での保存・使用は避けて下さい。(凍結している下地に施工しますと、接着不良を起こす恐れがあります。)
● 保管するときは、容器が密閉されている事を確認し、子供の手の届かない場所に保管して下さい。
 

  販  売

  しっくのん販売
   
 

<しっくのん>  <施工マニアル>  <施工方法>  <施工例>  <カラー見本>  <Q&A>    <サイトマップ>

 
   
伊藤建材株式会社問い合わせフォーム